風俗のサイトは要チェックだけどこのサイトの体験談も要チェック!

風俗サイトは要チェック

元婦警という女の子は最高だった

これまでの風俗の中で一番印象に残っているのが元婦警というデリヘル嬢です。なんで婦警からデリヘル嬢になったのかは知りません。でもかつては婦警だったって聞くとなんだか興奮するじゃないですか。婦警の人気の高さは、風俗でコスプレの定番となっていることからも良く分かると思うんですよ。婦警っていう性の匂いとは対極にある存在と楽しめる。それがコスプレ人気の高さだと思うんですけど、彼女はコスプレではなく、本当に婦警として働いていたのです。そのギャップも驚きです。裏話とかもいろいろとしてくれましたけど、一番印象に残っているのはストーカーされた話です。どうやら相手は婦警とは知らなかったようですが、それだけ美人ってことです。彼女、美形なので婦警姿があまり想像出来ませんでした。でもスマートフォンを見せてもらったら、彼女の婦警時代の写真があったんです。それでこちらもスイッチが入りました。元婦警と楽しめるんだなと。そして、実際最高でした。

美意識の高い女の子だったんです

デリヘル嬢の中でもお気に入りの子がいるんです。Dという熊本の人気店にいるK嬢。彼女は美意識がとても高いのでお気に入りです。最近の風俗嬢は誰もが美意識が高いとは思いますが、彼女に関しては別格かもしれません。食べ物から気を使っていると。タンパク質を多めに摂取し、更にはスポーツジムにまで通っているらしいんです。オフの時は遊ぶのではなく、スポーツジムで汗を流すと。しかも彼女、デリヘル嬢ではあるものの睡眠時間にも気を付けていると。夜ではなく、昼間勤務にしているのはそのためだって言うんですよ。エステにも通っていると。特にエステにはかなりお金もかけているとのこと。女性の美への思いは青天井だって言いますけど、まさかそこまでとは思っていませんでした。でもそういった姿勢がこちらへの満足を生んでいるんだよなって思ったらその姿勢こそ男のためのものでもあるんだなと。風俗嬢の人知れぬ努力に思わず感動した話とも言えますかね。
熊本の[駅チカ]人気デリヘルランキング&検索

いわゆる意識高い系かも

意識高い系って言葉は先日の風俗でお世話になった彼女にぴったりなんじゃないかなと思いました。Kというデリヘル店にいる彼女ですが、普段からいろいろなことに気を使っているようです。特に美白。なぜ美白にこだわっているのかというと、お客が美白好きが多いからだと。確かに今は健康的な小麦色の肌よりも色白の方が人気です。自分も風俗を楽しむ時には色白系の女の子の中から探すのが定番になっているのでその気持ちも分からないではないんですけど、それを常に気にしていると。だから外を歩くときは防止と肘まである手袋が欠かせないそうです。日傘をする時もあるようです。実際そのおかげでなのか彼女の肌はまさに真っ白。信じられないくらい白いんです。透き通るって言葉が大げさではない彼女とのプレイは、色白が好きな自分にとってかなり良いものになりました。色白の女の子が好きという風俗市場のニーズに応えるためにあそこまで出来る彼女はまさに意識高い系です。


遊び慣れている熟女だった

先日お世話になった熟女デリヘル嬢のYは天性のエロスの持ち主でした。彼女、風俗で働いているものの、セフレも何人もいると。風俗で働いているのもお金というよりもいろんな男と遊びたいからって豪語していました。彼女にとっては風俗は天職なんでしょうね。デリヘルにしたのも、お店だと二人きり感がないからだと。さすがフェロモンムンムンの熟女なだけあって若い女の子とは違うなと思い知らされました。さすがに遊び慣れているだけあってテクニックも素晴らしい物がありました。男のモノなんて彼女にとっては玩具なのかもしれません。そして絶頂まで導くのも彼女にとっては児戯に等しいのでしょう。彼女の変幻自在な攻撃の数々。さすが熟女だなと今では思えますけど、実際に彼女の攻撃を受けている間は何が何やらという感覚でした。頭が真っ白になるとはまさにあのことです。快感という点だけで考えると、もしかしたら彼女がくれた快感は風俗の中で一番かもしれません。

心のコントロールが上手な子

人妻や熟女の風俗嬢であれば分からない話ではないのですが、まだまだとっても若いJというデリヘル嬢があそこまで男心をくすぐるのが上手だとは思いませんでした。そのおかげでこちらは楽しくもあり、彼女にコントロールされている時間となったんです。例えばブラジャー。普通デリヘル嬢だったら自分でその場で外しちゃうじゃないですか。でも彼女は「外して」って言ってきたんです。「ちょっと手が届かない」って。いつもどうしているんだろうなんていう野暮な突っ込みは駄目です。彼女は男を試しているんだろうなと。ショーツを脱ぐ際も「膝が痛くて曲げられないから伸ばして」って。さっきまで普通に歩いていたような…なんて野暮な突っ込みはこちらも駄目です。彼女の言われるがままに行っていたら、何時の間にやらこちらはビンビン。「なんでそんなになってるの?」なんて無邪気な笑顔で聞いてくるなど、彼女はすべてに於いて確信犯的な小悪魔デリヘル嬢でした。

空手が趣味というデリヘル嬢

趣味が空手というデリヘル嬢は、後にも先にも彼女だけでした。風俗情報誌で彼女を見つけた時、特技の欄に空手って書かれていたんですよ。女の子で空手ってのも珍しいなと思いますが、それを風俗のプロフに書くのも凄いなと。風俗情報誌って風俗マニアの男にとっては大切な情報ソース。風俗情報誌を見て選ぶ男だって多いので、それらしいプロフの方が良いじゃないですか。「お菓子作り」にしろとまでは言いませんが、もう少しおしとやかな趣味にした方が男受けは良いんじゃないかなと思った程。でも逆にそんなプロフなだけに気になって来たので彼女を指名してみたんです。デリヘル店に指定されたホテルで待っていると彼女がやってきました。空手の話もしましたが、彼女も「あれこそ受け狙い」って話してくれました。嫌いじゃないし実際にやっていたけど、そこまでじゃないと。ってことは自分はまんまと彼女の作戦にハマってしまったんだなと。でも楽しかったので後悔はありません!